Mac OSXで標準機能だけ使ってPDFを作る際の覚書

雑誌のスクラップなどをPDF化してiPadで見るために試行錯誤した事などを書き留めてみます。



Mac OSXでは標準でPDFファイル作成機能を持っています。



  1. 印刷する際に出力先にPDFを選びます。


  2. 別名で保存する際にファイル形式にPDFを選びます。


プレビューAppを使って複数ファイルを選択して「選択したページをプリント」を選んでPDF出力すると複数ページのPDFが作れます。



印刷を使う欠点としては印刷のための印刷余白までPDF化されてしまいます。
この余白自体はプレビューAppで「範囲選択>ツール>切り取りで」編集して除外できます。



印刷余白を最初から無くすためには「別名で保存」を利用します。
ただし複数ページをまとめてPDF化出来ません。



印刷余白なしで複数のページをPDF化するにはAutomatorを使います。
アクション、ライブラリにPDFに関するライブラリがすでに用意されているので「イメージから新規PDFを作成」を選んでアプリケーションを作成します。
JPEG、TIFF、PNG、PDFのイメージファイルから複数イメージのPDFを作成できます。



何れの方法に置いてもPSDファイルからだと複数ページのPDFは作れません。
元のファイルはPSDなのでPhotoshopにてJPEGに変換するアクションを作成してドロップレットを利用して運用しています。



コメント